「百戦錬磨 セルリアンブルーのプロ経営者」ハロルド・ジョージ・メイ著

公開日: 更新日:

 著者は、日本コカ・コーラ副社長、タカラトミー社長を経て、新日本プロレスの社長を務める「経営のプロフェッショナル」だ。

 正直言うと、私は青い目の経営者が好きではない。会社の利益と自らの報酬を引き上げることを目的に、冷徹なリストラを繰り返すからだ。だから、タカラトミーの社長に著者が就任したとき、トミカコレクターである私は、苦々しい思いでみていた。

 著者は、タカラトミーの業績を劇的に回復させたが、他の外国人経営者とは違うぞと感じた事件があった。なんでも鑑定団の「私のお宝売ります」というコーナーに大量のプラレールコレクションが売りに出たとき、社長をしていた著者が、会社用にと買ったのだ。そんなことをしても、会社の利益は増えないが、自社製品への愛情を私は感じた。実際、著者がタカラトミーの業績を向上させたのは、リストラではなく、消費者ニーズを踏まえた高付加価値化によってだった。実際、著者が社長になってから、私の毎月のトミカ代は大きく増えた。それは、大人向けの高価だが魅力的なトミカが次々に発売されるようになったからだ。

 幼少期を日本で過ごし、アメリカの大学で学んだオランダ人の著者は、日本と欧米のハイブリッドだ。だから、欧米の合理的経営をするなかでも、日本人の情感に通じている。その著者が、いま子供のころから大好きだった新日本プロレスの社長に就任して、世界中にファンを増やすとともに、それまで企業の体をなしていなかったプロレス業界に企業経営を持ち込んで、会社を大きく発展させているのだ。

 本書は、とても読みやすい。体験に基づいて、具体的に書かれているからだが、やはり一番楽しいのは、著者の日本人的な感性が本からあふれているところだ。経営者として権力の座に居座るのではなく、コスプレをしてイベントに登場する。成田空港の出発ゲートにガチャガチャを置いて、大ヒットを飛ばしたのも著者だ。そして、初版の本書には、最終ページに袋とじで、おまけのステッカーがついている。おまけ大好きの日本人に向けた心配りを、最後の最後まで貫いている。こんな楽しい経営書は初めてだ。

★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る

人気キーワード