「老いた男」トマス・ペリー著 渡辺義久訳

公開日: 更新日:

 チェイスは、10年前、娘に勧められ、2頭の犬を飼い始めた。朝、犬の散歩に出掛けた彼は通りかかった車に不審を抱く。急いで帰宅した彼は、逃亡用バックパックを確認する。バックパックには現金や武器、そしていくつもの偽の身分証が入っている。案の定、夜中に忍び込んできた不審者を射殺したチェイスは、犬を連れ家を出る。

 30年ほど前、陸軍の工作員だったチェイスは、反政府組織に提供する資金をリビアに持ち込んだ。だが、仲介役がその資金を着服。帰国命令を無視して仲介役から2000万ドルを取り戻したチェイスは以来、人目を忍んで生きてきたのだ。なぜ今頃になって組織が動きだしたのか不審を抱きながらチェイスは逃亡する。

 エドガー賞受賞作家による逃亡アクション長編。

(早川書房 1220円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る

人気キーワード