「セックス依存症」斉藤章佳著

公開日: 更新日:

 著名人の不倫スキャンダルなどで知られるようになった「セックス依存症」という存在。「セックス中毒」や「性欲モンスター」のように語られるが、性欲の問題ではなく、複合的な要因が複雑に絡み合って生じるという。ゆえに誰もが陥るリスクがある病でもあるそうだ。

 本書は、さまざまな依存症治療の現場に携わってきた専門家が、セックス依存症の実例を紹介しながら、当事者の苦悩や病に至った背景、そして回復プログラムの実際まで解説するリポート。

 手当たり次第にナンパしたあげくに強制性交罪で起訴された男性会社員や、義父からの性的虐待がトラウマになって不特定多数と関係を持ってしまう販売員など。多くのケースを取り上げ、セックス依存症に対する誤解を正し、その実態に迫る。

(幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る

人気キーワード