「増補新版 世界で最も美しい蝶は何か」海野和男著

公開日: 更新日:

 昆虫の活動が本格化し始める季節となった。虫は嫌いでも蝶は好きという人は多い。数いる虫の中でも、蝶は別格の美しさを誇るからだろう。

 地球上にはおよそ1万8000種ほどの蝶がいるという(日本には約250種)。

 昆虫写真家の海野和男氏は、「他に比べるものがないほど美しく、生物の多様性を表す極致」が蝶だという。その美しい蝶の中でもひときわ美しく、「世界三大美蝶」ともいわれ、長年採集家から憧れの的であったのが「ミイロタテハ(アグリアス)」「モルフォチョウ」「トリバネアゲハ」だ。

 ジャングルの奥深くに生息するその3種に、「キシタアゲハ」と我々にも身近な「カラスアゲハ」を加えた5種の大型蝶を中心に、氏が近年の取材で撮影した美麗種の蝶を網羅した豪華図鑑。

 ミイロタテハの仲間は、緑の魔境と呼ばれるアマゾンの奥深くに生息しているため、分布や生態などは今なお神秘のベールに包まれている。その学名からアグリアスと呼ばれることも多いこの蝶こそ、世界で最も美しいとされる。また、ミイロタテハは、同じ種類でもおびただしい変異があり、その多様性の魅力の虜になった人も数知れず。

 その一人で、蝶の収集家として有名なマダム・フルニエが40年近くかけて収集した膨大なコレクションがパリの自然史博物館に収蔵されている。その一部やリオデジャネイロ自然史博物館の標本写真をはじめ、色や模様もさまざまな個体変異のバリエーションを紹介。

 さらに世界で最も輝きが強い蝶「モルフォチョウ」、その名の通り鳥のように大きな翅を持ち、世界で最も豪華な蝶「トリバネアゲハ」など、見ているだけでほれぼれとする約100種類もの蝶が勢ぞろいする。

 蝶の美しさ、魅力を教えてくれる、おすすめ図鑑だ。

(草思社 3850円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る

人気キーワード