「ダイオウイカ vs. マッコウクジラ」北村雄一

公開日: 更新日:

 深海の生き物を紹介するサイエンスエッセー。

 ネッシーや雪男に並ぶ伝説の怪物として19世紀の船乗りに盛んに目撃された「シーサーペント」(オオウミヘビ)こそダイオウイカだという。目撃証言では、シーサーペントがマッコウクジラを締め上げて深海に引きずり込んだとされるが、実態は逆。ダイオウイカは、マッコウクジラの大好物なのだ。

 その味は、歯ごたえがなく塩辛いだけだというが、その味にこそ深海を省エネで浮遊する秘密が隠されているのだとか。さらに、人間より126倍も感度がいい直径27センチの目玉が必要な理由など、まずはダイオウイカの生態に迫る。

 その他、ヘビの顔をしたサメのラブカや透明な頭を持つデメニギスなど、知られざる深海の世界をイラストを添え案内する。

(筑摩書房 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る

人気キーワード