「病院でちゃんとやってよ」小原周子著

公開日: 更新日:

 リハビリテーションとは、病気やけがなどの治療を受けた後、社会復帰のために行う訓練のこと。歩行訓練などの身体的なもののほか、聞く、話す、物をのみ込むといった、言葉や聴力、嚥下(えんげ)に関わるものもある。こうした訓練を行う回復期リハビリテーション病棟の入院期間は、対象疾患ごとに定められていて最大入院期間は180日。あくまでも社会・在宅復帰が最終目的となる。

 しかし、障害を負った肉親を迎える家族の感情はさまざまで、患者と家族の橋渡しをすることが看護師の大きな役目となる。

【あらすじ】大八木新菜は埼玉県南部にある大浦東病院の看護師。5年ほど前に整形病棟からリハビリ病棟に配属された。小学生のとき、父親が事業に失敗し、以後ずっと貧乏暮らし。両親のいさかいに耐えられず、高校卒業を機に故郷の仙台を出て看護師になった。安アパートで節約生活を送っているが、勤務帰りのエアロビが唯一の楽しみだ。

 リハビリ病棟には実にさまざまな患者と家族がやってくる。杖で歩くのがやっとの母親に奇跡が起こって歩けると信じて疑わない娘。足の動かない父親を一生病院に居させてくれと懇願する母娘など――。

 そこへ仙台から母親が新菜の部屋に転がり込んできた。父親に愛人がいたのを知って愛想を尽かしたのだという。

 その母が脳梗塞で倒れ、治療後に新菜のリハビリ病棟にやってきた。リハビリが終われば自分が面倒を見なければいけない。でも仕事は続けたい。自らが患者の立場になった新菜は……。

【読みどころ】リハビリを終えた身内を受け入れようとしない家族のわがままを非難するのは簡単だが、そこには外からはうかがい知れない事情がある。そこへきちんと目を向けた、現役看護師による介護小説。 <石>

(双葉社 759円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

人気キーワード