「ナースコール!」 川上途行著

公開日: 更新日:

 看護師にとってナースコールは必要だとはわかっていても悩ましいことも多いようだ。中でも多い悩みは、同じ患者が頻回にナースコールをする。大した用事でもないのにナースコールをするというもの。ある回復期リハビリテーション病棟での調査によると、患者数五十数人の病棟で1日平均551回のナースコールがあり、排泄(はいせつ)が54%、離床介助27%。排泄介助が多いのはリハビリテーション病棟の特徴だという。

 本書の主人公もリハビリテーション病院の看護師で、やたらとナースコールで呼び出す困った患者に頭を抱えていた。

【あらすじ】南玲子は看護師2年目で埼玉県蓮田市のリハビリテーション病院に勤務している。脳出血で倒れてこの病院に2週間前に転院してきた65歳の男性、通称「なかじぃ」は、ティッシュを取るにもナースコールする困り者。この日も10分ごとにナースコールを連発し、思いあまった玲子は「看護師はお手伝いじゃないのよ」と言ってしまった。

 もともと玲子はリハビリ病院を望んでいたわけではなかった。なかじぃのおしっこだけに振り回される夜勤に何の意味があるのかと疑問に思う。なかじぃのことを新任の医師・小塚太一に報告すると、「リハビリってなんの意味?」と問われる。答えられずにいると、意味がわからずによく仕事ができるものだと言われてしまう。

 玲子は一瞬体が固まるが、その後小塚と一緒にさまざまな患者を診ることでその答えを徐々につかんでいく――。

【読みどころ】手術をしたり薬を与えたりという治療と違い、リハビリは「治る」というゴールが患者それぞれで違う。それに対して医療者はどう臨むべきなのか。リハビリテーションという治療の難しさが伝わってくる。 <石>

(ポプラ社 748円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

人気キーワード