「緊急の場合は」マイクル・クライトン著 清水俊二訳

公開日: 更新日:

 1973年、アメリカ合衆国連邦最高裁判所は、妊娠中絶を女性の権利と認め、妊娠中絶を規制することを違憲とした。本書の刊行は1968年。「ジュラシック・パーク」やTVドラマ「ER」などでベストセラー作家になる前のクライトンが別名義で書いたもので、違法下での妊娠中絶の問題に鋭く迫っている。

【あらすじ】ジョン・ベリーはボストンにあるリンカーン病院の病理医。ジョンのもとに友人の産科医アート・リーが逮捕されたという知らせが入った。

 リーは中国系で、以前から中絶手術に手を染めていた。違法とは知りつつも、闇の手術で危険にさらすよりも、安全な手術で幸福が得られるならそちらを選ぶというのが彼の立場であった。

 ジョンはリーに完全に同意しえないものの、病理部門の証拠隠滅という形で加担していた。もしリーの中絶が公になれば自分にも累が及ぶかも知れない。リーに事情を聴くと、リンカーン病院で絶大な権力を誇る心臓外科医J・D・ランドールの娘のカレンが中絶手術による大量出血で死に、義母がリーを告発したという。

 リーの無実を信じるジョンは独自に調査を始め、関係者に話を聞いていく。そこで分かったのはカレンと父親との確執で、父からの束縛を逃れるかのように、カレンは何人もの男と付き合い薬物を乱用していたのだ。しかし、カレンの死の真相は大きな蓋をされたように一向に見えてこない。そんな中、中絶に反対する町の人たちがリーの家へ押しかけ、子どもたちがケガをするという事件が起こる……。

【読みどころ】妊娠中絶をめぐる議論はアメリカ国内でいまだ盛んで、問題の根の深さを物語っている。この難問に果敢に挑んだ若き医学生、クライトンの情熱が伝わってくる。 <石>

(早川書房 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る

人気キーワード