『THINK BIGGER 「最高の発想」を生む方法』シーナ・アイエンガー著・櫻井祐子訳/ニューズピックス

公開日: 更新日:

『THINK BIGGER 「最高の発想」を生む方法』シーナ・アイエンガー著

 全盲の心理学者で米コロンビア大学ビジネススクール教授をつとめるシーナ・アイエンガー氏のイノベーションに関する労作だ。「最高の発想」(THINK BIGGER)についてアイエンガー氏はこう説明する。

<幼い頃から見えない世界で育った私は、この大きな問題にくり返しぶつかっている。/私は1人で料理をつくれるだろうか?/いつか世界を1人で旅行できるだろうか?/科学者になれるだろうか?/舞台に立って話ができるだろうか?/こうした問いへの答えが「イエス」だということも、「どうやって」やるのかも、今の私は知っている。その知識には、私自身の格闘から得たものもあれば、問題解決の謎を解き明かす最新研究の宝箱から得たものもある。/それらをもとに書いたのが、あらゆる種類の複雑な問題を解決するために、新しい選択肢を生み出す手法を説明する、本書だ。この手法を、「Think Bigger」(もっと大きく考える、大胆に発想する)と名づけた>

 本書に書かれている事柄は、アイエンガー氏自身が体得したもので、標準的努力が出来る人ならば誰でも実行可能だ。特殊な才能は必要とされない。

 アイエンガー氏はイノベーションの本質についてこう述べる。
<世界のどんな革命的なイノベーションも、身近な要素でできていることを知ると、勇気と希望が持てる。イノベーションはとても困難なものだといまだに考えられているのは、見当違いの取り組みが行われてきたからだ。私たちは新しい要素を生み出すことはできない。できるのはただ、古い要素を新しい方法で組み合わせ、組み合わせ直すことだけなのだ>

 イノベーションで成功する人に求められるのはゼロから1をつくり出すような天賦の才能ではない。既存の技術や学知を結びつける、あるいは見せ方を変えることなのだ。

 この技法はインテリジェンスにも似ている。評者は外務省主任分析官をつとめた時期にモサド(イスラエル諜報特務局)の傑出した複数のインテリジェンス・オフィサーと親しく付き合った。男女を問わず、この人たちは歴史によく学び、既存のインテリジェンスと学知を結びつけるのに長けていた。 ★★★(選者・佐藤優)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ