グラドル橋本マナミが明かす「ボディー磨き&節約生活」秘話

公開日: 更新日:

 ところが仕事が全然なくて、皆勤賞! かなりの負け犬でした。毎日学校に来ている時点で周りも察してくれて、“稼いでる同級生”がおごってくれました。

 私、親に迷惑かけたくなくて、一切親から仕送りをもらわなかったんです。家賃と学費は事務所が出してくれたので、生活費は自分で。服は制服とジャージーだけ。学校は制服、放課後は事務所のレッスンだからジャージー。それだけで十分でした。それより問題は「食」。本当はバイト禁止なんですけど、背に腹は代えられないのでこっそりバイトもしていました。うれしかったのは居酒屋さんのアルバイト。ごはんがおなかいっぱい食べられるのが何よりうれしかったな。

 高校を卒業してからもアルバイトはいろいろしましたよ。窓のない倉庫で黙々と作業したり、それでも楽しそうに働いている人に会ったのはいい人生経験にはなりましたね。ホテルのパーティーで配膳のお仕事をしていたら、「橋本さんですよね?」って言われて、バレないように必死で否定しました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る