構想28年 スコセッシ最新作「沈黙」は壮大な“学びの旅”

公開日:

 原作との出合いから28年の歳月を費やした大プロジェクトだ。ハリウッドが誇る巨匠とて「積年の願いで映画を完成させることができた。私にとって壮大な“学びの旅”だった」と感慨に浸るのも無理はない。

 16日、来日記者会見に臨んだマーティン・スコセッシ監督(74)。作家・遠藤周作の同名小説を映画化した最新作「沈黙-サイレンス-」(KADOKAWA)の日本公開を21日に控え、「日本文化への敬意を力の限り描いた巡礼のような作品」などと1時間近くにわたって熱き思いを語ったのだった。

 江戸時代初期の長崎を舞台に、若きオランダ人司祭が目撃した日本人信徒(隠れキリシタン)の受難や苦悩を通じ、人間にとって本当に大切なものを問うた一本。「人間の弱さや懐疑心は否定するのではなく、受け入れて包囲すること。人間や文明の進化を推し進めるには、信じたいと思う心を真剣に考えることこそが大事なんだ」とも語った。

 2時間40分に及ぶ長編大作は見ごたえたっぷり。会見には、隠れキリシタン7代目帳方(指導者)の村上茂則氏(66)も登壇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る