構想28年 スコセッシ最新作「沈黙」は壮大な“学びの旅”

公開日:

 原作との出合いから28年の歳月を費やした大プロジェクトだ。ハリウッドが誇る巨匠とて「積年の願いで映画を完成させることができた。私にとって壮大な“学びの旅”だった」と感慨に浸るのも無理はない。

 16日、来日記者会見に臨んだマーティン・スコセッシ監督(74)。作家・遠藤周作の同名小説を映画化した最新作「沈黙-サイレンス-」(KADOKAWA)の日本公開を21日に控え、「日本文化への敬意を力の限り描いた巡礼のような作品」などと1時間近くにわたって熱き思いを語ったのだった。

 江戸時代初期の長崎を舞台に、若きオランダ人司祭が目撃した日本人信徒(隠れキリシタン)の受難や苦悩を通じ、人間にとって本当に大切なものを問うた一本。「人間の弱さや懐疑心は否定するのではなく、受け入れて包囲すること。人間や文明の進化を推し進めるには、信じたいと思う心を真剣に考えることこそが大事なんだ」とも語った。

 2時間40分に及ぶ長編大作は見ごたえたっぷり。会見には、隠れキリシタン7代目帳方(指導者)の村上茂則氏(66)も登壇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る