碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

17年ドラマ総括 TBS復活と昼ドラ「やすらぎの郷」の革命

公開日:  更新日:

 この1年、何本もの“見るべきドラマ”を生み出してきたのはTBSだ。緊張感のあるセリフの応酬が見事だった「カルテット」(出演・松たか子ほか)、共感しづらいヒロインのダブル不倫を描いた「あなたのことはそれほど」(波瑠)などの意欲作を連打した。

 特に今期は、ドラマの王道感に満ちた「陸王」(役所広司)、マニアックな笑いの「監獄のお姫さま」(小泉今日子ほか)と話題作が並んだ。よく練られた脚本、興味深い登場人物、さらに物語にふさわしいキャストに支えられており、その作り方は基本的に正統派である。

 また「陸王」の伊與田英徳や福澤克雄、「カルテット」の土井裕泰、「あなそれ」「監獄のお姫さま」の金子文紀ら力のある作り手たちによる“署名性のあるドラマ”であることも特色だ。「ドラマのTBS、復活」と言える1年だった。

 今年のドラマ界で、大きな収穫の一つが「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)の出現だろう。現在のテレビを支える“大票田”でありながら、高齢者層はずっとないがしろにされてきた。このドラマは、自身も高齢者である脚本家・倉本聰が仕掛けた、高齢者による、高齢者のためのドラマという一種の反乱、真昼の革命だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る