「悪い女はよく稼ぐ」主演・長谷直美さんが明かす製作秘話

公開日: 更新日:

 ニューヨークで証券詐欺を手掛けた水嶋(長谷直美)。仲間のミスから追われる身となって偽造パスポートで帰国。かつて恋人だった地面師・椎名(水口晴幸)の協力を得て歯科医の権田(ルー大柴)をカモろうとする。その権田を色仕掛けで籠絡しようとしていた原口(熊切あさ美)と対立するが、いつしか2人はタッグを組んで<15億円の大掛かりな詐欺>を仕掛けていく……。この映画の総合プロデューサーを務めた柏原寛司氏、主演を務めた長谷直美さんに撮影秘話と映画の魅力を語ってもらった――。

  ◇  ◇  ◇

 ――意外ですが、長谷さんにとって初主演作映画となります。

長谷「2016年、17年に私が座長を務めた『悪い女はよく眠る』という舞台があり、詐欺女2人のコメディーがウケて連日の大入り満員。映画化の話になりました。17年年5月、脚本家・映画監督の柏原寛司さんを訪ねて総合プロデューサーを引き受けていただき、テレビドラマ『太陽にほえろ!』でご縁のあった原隆仁監督、そして竜雷太さんに西山浩司さん、クールスの水口晴幸さん、可愛さナンバーワン女優の熊切あさ美ちゃんとキャスティングが決まっていき、エンターテインメント映画の『悪い女はよく稼ぐ』は、もの凄く楽しい映画に仕上がりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る