池上季実子さん「“米国のパスポート”があるから海外で仕事ができたら」

公開日: 更新日:

池上季実子さん(女優/62歳)

 8代目坂東三津五郎は祖父、9代目は叔父、10代目はいとこという歌舞伎の名門の一族にして、映画やドラマで活躍する女優の池上季実子さん。この夏は5日からスタートする横内正主演、演出のシェークスピア劇「リア王」「マクベス」に出演する。昨年はコロナ禍で舞台出演などが軒並み中止になったが、これからに懸ける思いを語ってもらった。

  ◇  ◇  ◇

 去年は舞台の仕事がコロナで全部中止になりました。料亭の女将を演じることになっていた「おりょう」、双子のおばあさん役の「八つ墓村」、現代劇もあって、それからこの「マクベス」「リア王」で5つ。何もなくなりました。

 今まではテレビ、映画が中心でしたけど、これからはもっといろいろな舞台に挑戦したいと思っていた矢先でした。ですから全部が中止になって本当に落ち込みました。と同時に、それまでもお芝居をやって、私がどれほど好きだったかということを思い知らされました。私にとって芝居は自分の存在を認めてもらえる場所です。それがなくなると、おもちゃを取り上げられた子供みたいに抜け殻になってしまう……。

 今回、「マクベス」と「リア王」の稽古が始まって、久々に友人と会ったら「季実ちゃん、芝居が好きなんだね、生き生きしてるね」といわれました。自分では「こんなにセリフがあるの!?」なんて言いながら、本当は楽しいんですよね。舞台って何度も何度も稽古していく中で「このセリフはこういう言い方じゃない」「このシーンではこんな意味じゃない」とどんどん深くなる。稽古をやればやるほど深さ、舞台の面白さ、そして怖さがわかってくる。難しいし、自分の腕のなさも思い知らされますが、その魔力のようなものに引きつけられます。

 今回はしかも、シェークスピア劇にダブル出演です。なので、「一つでも大変なのに、リア王の長女ゴネリルとマクベス夫人との両方をよく引き受けたね」って驚かれました。その時は「怖いもの知らずだから」なんて言いましたけど、昼に「リア王」をやって、夜「マクベス」となるとさすがに切り替えが大変。凄まじいスケジュールで稽古しています。

 再来年でデビューして50年になります。15歳でドラマ「愛と誠」のヒロインを演じました。この時は父に大反対されました。「おまえは嫁にもいかないで一生この仕事をやり続けるのか」と責められて。サラリーマンの父は厳しい人で、それまでなら反撃するなんて考えられませんでした。

 でも、あの時の私は違いました。「私はこれがやりたい!」と初めて反抗しました。さすがに父がびっくりした顔していたのを今でも覚えています。後にも先にも父に反抗したのはあの時だけです。でも、「この仕事がこんなに好きだったんだ」と自分でわかったんです。「ずっとこの仕事をやっていくんだ」ってね。それからはひたすら、まっしぐらでやってきました。

この年になったら何でもやります

 これまで相棒のようなマネジャーがいて、その後、大手の事務所に入って敷かれたレールの上で目標に向かってやってきました。でも、そこも辞めてこれからは自分なりにいろんな機会をいただいて、いろんなものに挑戦して、もっと自分がやれることをやっていきたいと思っています。

 ただ、お仕事をくださるみなさんが気を使ってくださるのはありがたいのですが、私のイメージがこうと思っている方が多いみたいで、「この役はやらないだろ」と思われちゃうみたいです(笑い)。

 今回は2.5次元俳優といわれている若くて才能のある俳優もたくさん出演しています。私は還暦を過ぎましたが、ジェネレーションギャップだなんて言っていられません。2.5次元の若い人を見ていたら「あら、こんな芝居もあるのね」って思ったり。横内さんや私のオーソドックスな芝居とうまくミックスできれば面白いと思います。

 これからは海外の仕事もぜひ挑戦してみたいですね。私はニューヨークで生まれたので、アメリカ国籍を持っています。せっかくアメリカのパスポートがあるわけだから海外で仕事ができれば最高じゃないですか。

 以前、海外から映画のオファーをいただいたこともあります。ちょうどその時期は子供の進学受験と重なってしまい、断念しました。ニューヨークから2人のプロデューサーが4回も日本にいらして、「子供の受験でこの映画のオファーを断るのはナンセンスだ」と説得されました。でも、もし仕事を受けたことで子供が受験に失敗したら子供には申し訳ないし、私は一生後悔することになる。そう思うとオファーを受けるわけにはいきませんでした。

 そんなオファーがあったら、今でもやりたいですね。ただ今度は母の介護が始まって日本を離れることができません。私はその時々で試されているのかなと思います。

 去年は初めて朗読の会をやりました。コロナ禍という境遇をチャンスに変えたからこそやることができました。今は個人事務所なので自分で仕事を決めています。この年になったら何でもできるし、やってみたい。長い女優人生を楽しくやっていけたらいいな。

「リア王」「マクベス」ダブル上演。横内正主演、共演は2.5次元俳優として注目の若手、松村龍之介ら。8月5~14日の全17ステージ(10日間のうち7日間は「リア王」「マクベス」との昼夜2公演)、場所は新橋・ニッショーホール。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…