結成19年目ガクテンソク “シルバーコレクター”を乗り越えた「THE SECOND」優勝の勝負手

公開日: 更新日:

 結成16年以上の漫才師ナンバーワントーナメント「THE SECOND」(フジテレビ系)が18日に行われ、ガクテンソク(よじょう=42・奥田修二=42)が、2代目王者に輝いた。

 対決は東京&大阪での選考会を勝ち抜いた8組の漫才師による“ノックアウト形式。ネタ時間は6分。採点は会場に集まった100人の一般視聴者による1人持ち点3の集計で行われる。他の賞レースのように、お笑いの大御所などの審査員は存在しない。

 ガクテンソクは、1回戦でラフ次元(255点対288点)、準決勝で金属バット(273点対283点)を破り、決勝ではザ・パンチに大差(243点対294点)をつけて大会史上最高得点で優勝した。ネタは、それぞれ「国分寺」「プロポーズ」「誕生日のサプライズ」だった。

 ガクテンソクは中学校の同級生だった2人が、2005年に結成で現在は19年目。「M-1グランプリ」では、05、15、16、20年の準決勝進出が最高位だった。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話す。

「若手の頃から安定した実力を持っていて、業界内ではよく知られた存在だったのですが、『M-1』では一度も決勝に進めませんでした。今回は、1本目に披露した自信作の国分寺のネタで観客の心をつかんだのが勝因です。2本目以降は自分たちの空気をつくった状態で堂々と漫才を演じることができていましたね。21年に学天即から現在の名前に改名し、昨年上京したばかりの彼らにとって、今回、タイトルを取れたことは強い追い風になるでしょう」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず