• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女優の原点に 月船さららの迷い解いた天願大介監督の洗礼

 車に例えるなら、ものすごくアクセルを吹かせてくれる、役にのめりこませてくれる、そんな監督です。

 裸になることには実はそれほど抵抗はありませんでした。台本を読んでオーディションを受けたのですから、それは承知の上。宝塚歌劇団時代の私のファンにとってはショックだったかもしれませんが、女優「月船さらら」には必然だったと思います。

 天願監督には、「世界で――」のクランクアップ後に出演した、TPTプロデュースの「スペインの芝居」という舞台でもお世話になり、無名塾出身の出口結美子さんと演劇ユニット「metro(メトロ)」を09年に立ち上げる際、また出口さんがご結婚・引退され、ソロで活動を続けると決めた時にも、相談にのっていただきました。

 何より「metro」の旗揚げ公演「陰獣-INSIDE BEAST-」から13年の第6回公演「なまず」再演まで全作品の作・演出が監督です。もし、お会いしていなかったら、そして天願作品の洗礼を受けていなかったら、今の私はないと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る