タレント 毒蝮三太夫さん(78) 腸閉塞

公開日: 更新日:

 2005年12月、聖路加病院の日野原重明先生の文化勲章受章パーティーに出席した時、「腹がおかしいな」と思ったのが始まりだったね。食欲がないし、酒を飲みたいと思わない。その足で病院に行ってエコー検査はしたものの、精密検査が必要ってことで正月過ぎて落ち着いてから調べることに。腹にしこりがあるのも分かっていたし。マネジャーに言わせると入院までの2カ月、移動中は黙って寝ているだけで食欲もないから、いつもと全然違ったらしいよ。

 その年のNHK大河ドラマがタッキー(滝沢秀明)の義経で、年越しを鎌倉で過ごそうと、31日、女房と車で行った。名物のシラスの寿司を2、3個食べて元気だったのに、22時ごろになって猛烈に腹が痛くなった。これじゃ初詣どころじゃないと、宿をキャンセルして夜中に自分で運転して自宅に戻り、近所の病院に駆け込んだ。

「これじゃ手遅れよ! どうしてここまで放っておいたの!」といきなり、宿直の女医さんに叱られた。ガスでおなかがパンパン。そこの設備では対応できないということで、国立病院に電話を入れてくれた。大みそかの深夜だから病人は俺だけ。静かだからよく聞こえたよ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変