作業療法士が徹底解説 快眠法のウソとホント<後編>

公開日: 更新日:

⑨ベッドの中でスマホを見てはいけない…○

 スマホから発せられるブルーライトがメラトニンを抑制するといわれるが、スマホからはそこまでの量のブルーライトは出ないという。理由は他にある。

「人間の視覚には『能動的視覚』と『受動的視覚』の2種類があります。読書などで自分から視線を向ける場合は能動的視覚、テレビやスマホなどの刺激に対して視線を向ける場合は受動的視覚です。動物は、敵を発見するために受動的視覚を使っています。脳が覚醒してしまうため、眠れなくなったり、睡眠の質が下がったりしてしまうのです」

⑩アイマスク、耳栓の装着で寝つきがよくなる…×

 明るい場所で寝る機会が多い場合、網膜に光が当たるのを防いでメラトニンの抑制を防ぐアイマスクは理にかなっている。耳栓も、パートナーのいびきなど睡眠中に音がうるさくて覚醒してしまうケースでは効果的だ。

「ただし、どちらも寝つきをよくするために使用するグッズではありません。入眠するとき、物音が気になって眠れない人が耳栓を着けても、結局、覚醒が続いて眠れない場合も多い。あくまでも入眠後、睡眠を妨げないために使うものだと分かった上で使用しないと、逆効果になりかねません」

 これで、すっきり快眠できる。

■関連キーワード

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 健康のアクセスランキング

  1. 1
    バナナマン日村で話題 「インプラント500万円」どんな治療?

    バナナマン日村で話題 「インプラント500万円」どんな治療?

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ