長寿のもと? 従来の悪玉「ケトン体」なぜ注目されている

公開日: 更新日:

 いま医療関係者の間で俄然注目されている「ケトン体」をご存じか? 人は飢餓や激しい運動により糖を分解できなくなると脂肪を分解してエネルギーをつくる。その際の副産物がケトン体で、これまで脱水や嘔吐、頻脈、低血糖、昏睡や意識障害などの原因として悪玉扱いされてきた。ところが最近は心臓や腎臓を保護し、神経を修復する善玉でもあるという考え方が広まってきているという。なぜか。東邦大学医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌学分野の熊代尚記講師に聞いた。

「糖尿病専門医の間でケトン体が注目されたキッカケはSGLT2阻害薬と呼ばれる新しい糖尿病薬が、心臓病脳卒中などの心血管疾患イベントリスクを減らすと報告されたからです」

 SGLT2は腎臓の尿細管にのみ存在し、尿中に排泄されるグルコース(ブドウ糖)を再吸収する働きがある。これを阻止することで、血中のケトン体は増加したものの、血糖値はもちろん、脂肪肝や高血圧が改善した。

「最初は利尿効果で体の水分が抜けたからだろうと考えられてきました。しかし、心臓や血管の病気を持つ2型糖尿病の患者7000人を対象にした国際的な大規模無作為化比較試験で、心血管イベントのリスクが14%、総死亡のリスクが32%減ったと報告されて大騒ぎになりました。それまで血糖値を下げる糖尿病治療薬は数多くあっても、高血圧や糖尿病が引き金で起こる脳梗塞心筋梗塞などのリスクを減らすことを証明したものはありませんでした。その後の研究で、増加したケトン体が心臓や腎臓でエネルギー源として利用されることで、心血管や腎臓が保護されている可能性がわかってきたのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで