著者のコラム一覧
佐々木常雄東京都立駒込病院名誉院長

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

科学的に「がんにならない方法」は本当にあるのか?

公開日: 更新日:

 同級生の息子さんが胃がんで亡くなりました。通夜の帰り道、酔った同級のA君がこう言い出しました。

「おまえ、がんが専門だよな。がんにならない方法を教えてよ。酒はどれだけ飲んだらがんになるんだ? たばこは何本吸ったらいけないんだよ!」

 がんにならない方法、そんなうまい話は本当にあるのか? それが分かっていたら、こんなにがんで亡くなる人はいないはずではないか。

 世間には「がん予防法」があふれていますが、信頼の置けないものも少なくありません。科学的根拠がはっきりしたがんになるリスクを減らす、がんを遠ざけるその方法を挙げてみます。

 まず、たばこをやめることです。「喫煙」は明らかにがんのリスクを高めることが科学的に立証されています。私がこれまで治療の相談を受けた舌がん、咽頭がん食道がんの患者さんのほとんどは喫煙者でした。また、肺がん、食道がん、口腔がん、大腸がん乳がんその他、多くのがんとの関連も指摘されています。

 次に、「ウイルスや細菌の感染」からの発がんも科学的に示されています。主なウイルスでは、肝臓がんと関連するB型、C型肝炎ウイルス、子宮頚がんのヒトパピローマウイルス、白血病の成人T細胞白血病ウイルス。細菌では胃がんの一因になるヘリコバクター・ピロリ菌が挙がります。対策としては感染を避ける・防ぐ、あるいはワクチンの投与、治療薬の投与があります。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変