ストレスや不眠が改善 日本でもサプリで取れる合法“大麻”

公開日: 更新日:

 米国では合法の州があるが、日本では言うまでもなく、大麻所持は犯罪。ところが今、日本でも“合法”で、しかも健康効果を期待できる大麻成分が注目を集めている。

「CBD(カンナビジオール)です。大麻草に含まれる成分で、米国ではてんかん治療薬としても販売されており、厚労省に該当するFDAも認可しています」(昭和大学薬学部の佐藤均教授)

 “吸ってハイになる”大麻は、ハイになる成分THC(テトラヒドロカンナビノール)が含まれているが、国内で買えるCBDはTHCが含まれず、高い安全性を有している。

 2013年、重症のてんかん患者がCBDを摂取したところ、週300回あった発作が週1回程度にまで減少――米CNNがそう報じて、全米にその名が知られるようになった。

 ニューヨーク在住のジャーナリスト、シェリーめぐみ氏はこう話す。

「もともとはオイルの形で出回っていたのですが、昨年夏くらいからさまざまなCBD入り商品が発売され、大ブームになっています。CBD入りのお茶やグミ、スナック、チョコレート、入浴剤、ボディーローションなどは、クリスマス用のお薦めプレゼントとしても、メディアなどで取り上げられていました」

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 健康のアクセスランキング

  1. 1
    バナナマン日村で話題 「インプラント500万円」どんな治療?

    バナナマン日村で話題 「インプラント500万円」どんな治療?

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ