著者のコラム一覧
シェリー めぐみジャーナリスト、ミレニアル・Z世代評論家

NYハーレムから、激動のアメリカをレポートするジャーナリスト。 ダイバーシティと人種問題、次世代を切りひらくZ世代、変貌するアメリカ政治が得意分野。 早稲稲田大学政経学部卒業後1991年NYに移住、FMラジオディレクターとしてニュース/エンタメ番組を手がけるかたわら、ロッキンオンなどの音楽誌に寄稿。メアリー・J・ブライジ、マライア・キャリー、ハービー・ハンコックなど大物ミュージシャンをはじめ、インタビューした相手は2000人を超える。現在フリージャーナリストとして、ラジオ、新聞、ウェブ媒体にて、政治、社会、エンタメなどジャンルを自由自在に横断し、一歩踏みこんだ情報を届けている。 2019年、ミレニアルとZ世代が本音で未来を語る座談会プロジェクト「NYフューチャーラボ」を立ち上げ、最先端を走り続けている。 ホームページURL: https://megumedia.com

コロナワクチン治験が最終段階…最初に受けられるのはだれ?

公開日: 更新日:

 7月末の時点でアメリカの感染者は累計440万人、死者は15万人を超え、南部や西部から中西部へと感染が拡大しつつあります。一方で製薬大手のファイザー、医薬ベンチャーのモデルナの2社がコロナワクチン治験の最終段階に入ったことが発表され、希望も生まれています。

 早ければ今年末または来年初めにも予防接種が受けられるかもしれないという期待もある中、問題は大量のワクチンをどう生産し、どのような方法で国民に接種するのか。さらにその場合、だれが優先的に接種を受けられるのかという疑問も生まれています。

 NIH(国立衛生研究所)とCDC(疾病対策センター)の要請により立ち上がった専門家グループが、その検討会議を行っています。現在のところ最優先は医療関係者と、警官や消防士などエッセンシャルワーカーと呼ばれる市民生活に欠かせない仕事に従事する人々。またコロナウイルスに感染した場合に最もリスクが高い高齢者、老人ホーム居住者、既往症を持つ人々など、ざっくりとした目安があります。

 しかし、どこまでがエッセンシャルワーカーなのか。病院のカフェテリアで働く人や清掃スタッフは入るのか。また親たちが仕事に戻るためには学校を再開する必要があるが、先生たちも優先接種の対象になるべきか。さらにコロナ感染で重症化したり死亡しているのは黒人やヒスパニックなどのマイノリティーが圧倒的に多いが、その部分をどう加味するのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで