気がついたら体にあざが…病気が隠れているのでしょうか?

公開日: 更新日:

 大抵は、1~2週間で自然に治りますが、それ以上たっても痛みが引かなかったり、青あざの位置が移動、多発したり、範囲が広がっているようなら病院で診てもらってください。

 動脈硬化や重度の貧血症、また白血病や血小板の数が減ってしまう血小板減少性紫斑病といった病気が原因で血液が固まりにくくなっている可能性があるためです。

▽川上洋平(かわかみ・ようへい)2004年神戸大医学部を卒業後、同大整形外科医局入局。関連病院で研修を受け、その後、同大大学院へ進み、膝関節外科、再生医療、スポーツ医学の臨床基礎を学ぶ。13年に米国ピッツバーグ大(ペンシルベニア州)整形外科に留学し、帰国後は北播磨総合医療センターで勤務したのち、神戸大付属病院で骨軟部腫瘍の臨床と研究に従事。20年10月に「かわかみ整形外科クリニック」開院、院長を務める。また、さまざまな医療現場で活躍するスーパードクターたちが出演の公式YouTubeチャンネル「SuperDoctors -名医のいる相談室-」でも解説します。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」