新型コロナワクチン副反応を徹底検証【心筋炎】炎症が広がると心不全を合併するケースも

公開日: 更新日:

 また、厚労省のデータによると、ワクチン接種後の心筋炎は、モデルナで12~19歳男性が100万人当たり28.83人と最も多く、20~29歳男性が25.65人で続いている。ファイザーでは20~29歳男性の9.62人、12~19歳男性の3.69人が上位で、若年層に多く見られるのが特徴だ。

 東邦大学名誉教授で循環器専門医の東丸貴信氏は言う。

「心筋炎は心臓の筋肉細胞などに炎症が起きる病気で、ウイルス感染により炎症が生じるウイルス性心筋炎が最も多いといわれます。ワクチン接種によって、なぜ心臓の筋肉に炎症が起こるのかについては、いまのところはっきり分かっていません。新型コロナのmRNAワクチンが体内で作り出すスパイクタンパク質に対する自己免疫反応や、mRNAなどのワクチン成分に対する免疫の過剰反応でサイトカインストームが生じ、心筋細胞などを攻撃して炎症を引き起こすのではないかと考えられています」

 一般的な心筋炎はほとんどが軽症で、なんとなくだるい、胸が痛い、軽い息切れがあるといった症状が出て、自然に軽快するケースが多いという。ただ、急性心筋炎が劇症型に移行すると、急激にショック状態になって死に至る場合もある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路