著者のコラム一覧
堀田秀吾明治大学教授、言語学者

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

常に最高の結果を求めるタイプも「手洗い」で後悔を洗い流せる

公開日: 更新日:

 米スワースモア大学のシュワルツは、「結果に対する受け止め方」が2パターンあると提唱しています。

 1つは、さまざまな選択がある中で、常に最高の結果を求める。こういった傾向がある人を「マキシマイザー」と呼んでいます。「マキシマイザー」には、多くの選択肢を徹底的に調べたうえで、ほかの選択肢が良かったかも……と思いつつも、自らの選択にポジティブな面を見いだせる「促進系マキシマイザー」と、常に最高を探し続け、選んだ結果に満足できない「評価系マキシマイザー」があるといいます。

 多彩なメニューがある中でハンバーグを選び、料理が運ばれてきたとき「思っていたのと違うけど、おいしそうだからいいか」と、「う~ん、これじゃなかったな。次に来たときにリベンジだな」──その違いです。当然、結果に対する満足度は「促進系マキシマイザー」のほうが高く、「評価系マキシマイザー」はストレスをため込みやすいとされています。

 もう1つが、自分なりに満足できる、「足るを知る」といったマインドを持つ人を「サティスファイサー」と分類しています。たとえば、商品を購入するときや飲食店に入るとき、徹底的に吟味せず、「こういうのを探していたんだよな」と自分の求める基準をクリアしていれば、特にこだわらずに満足できるのが、このタイプです。仮にさらに良いものを見つけたとしても自分は満足しているのだから必要以上にネガティブにならずに済むわけですね。物事には完璧などありません。そういう意味では「マキシマイザー」ではなく、「サティスファイサー」のマインドを持つことが望ましいでしょう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…