乳がん経験者だからわかること(上)マンモと超音波検査の2本立てで早期発見を狙う

公開日: 更新日:

「5センチくらいのがんになるまでは10年ほどかかります。婦人科で胸を触ってもらっていた時にはすでに乳がんがあったはずなのに、気づかれなかった。自分でも、授乳で起こる乳腺炎だと思っていたのです。婦人科に行っているから大丈夫、と過信してはいけない」

 なお、乳房の専門は乳腺外科で、婦人科は子宮・卵巣などが専門だ。

抗がん剤治療のつらさは正直に主治医へ】

「抗がん剤治療は副作用がつらくて当然」と我慢しがちだが、今は副作用を軽減する薬がいくつも出ており、また、抗がん剤の種類を替えるという選択肢もある。

「私は抗がん剤の副作用がつらくて、吐き気がひどく、気持ちが悪くて眠れないほどでした。これはダメだと思い、主治医に伝えたところ、別のものに替えてもらえました」(たなかさん)

【術後のホルモン治療は10年にわたることも】

 乳房の全切除術とリンパ節郭清手術を受けたたなかさん。今年11月から、再発予防のためのホルモン治療を始めるが、その期間が10年間と聞いて驚いたという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路