膵がんの5年生存率0%を変える「コンバージョン手術」とは 最新治療に取り組む名医に聞く

公開日: 更新日:

 膵がんは、見つかった時には「手術ができない進行がん」というケースが圧倒的に多い。予後の悪さは、がんの中でワーストだ。この状況をなんとかできないかと最新治療に取り組んでいるのが富山大学付属病院消化器・腫瘍・総合外科の藤井努教授だ。

 手術ができるか、できないか。多くのがんは、これが生存率の大きな分かれ道になる。もちろん、膵がんも、だ。

「手術ができなければ、抗がん剤や放射線治療になります。しかしこれらの治療でがん細胞が完全に消えるのは2~3%。がん細胞がわずかに残り、いったんは状態が落ち着いても、また大きくなる。手術ができなければ5年生存率は0%で、100%亡くなる。5年生存率が望める状態へいかに持っていけるか」(藤井教授=以下同)

 藤井教授が、膵がん治療の専門医である安田一朗教授(消化器内科)、膵臓病理の専門医である平林健一教授(病理診断科)と手を組んで行っている治療のひとつが、コンバージョン手術だ。

「切除不能(手術ができない)の膵がんには、局所進行と遠隔転移があります。膵臓は門脈など生命に関わる重要な血管に接しており、局所進行ではそれらの重要な血管にがんが食い込んでいるため、手術が困難。重要な血管からがんをひきはがし、なんとか切除できても、がんを完全に取り切れなければ再発となる。そこで、抗がん剤でがんを小さくし、さらに放射線をあててがんを局所制御することで、膵がんを血管から安全にはがして切除でき、かつ完全に取り切れるようにする。これが膵がんのコンバージョン手術です」

■関連キーワード

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ