新井平伊
著者のコラム一覧
新井平伊順天堂大学医学部名誉教授

1984年、順天堂大学大学院医学研究科修了。東京都精神医学総合研究所精神薬理部門主任研究員、順天堂大学医学部講師、順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学教授を経て、2019年からアルツクリニック東京院長。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と研究を中心とした老年精神医学が専門。日本老年精神医学会前理事長。1999年、当時日本で唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を開設。2019年、世界に先駆けてアミロイドPET検査を含む「健脳ドック」を導入した。著書に「脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法」(文春新書)など。

料理を始めたら「見えるもの」が変わった…究極の脳トレに

公開日: 更新日:

 東京都在住の58歳男性はコロナ以来、生活スタイルがガラリと変わったそうです。子供がおらず、共働きということもあり、以前は夫婦ともに外食が中心。「お酒が好きで、飲み屋をはしごして午前さま、ということも珍しくなかった」と苦笑します。

 しかし、コロナで自宅で過ごす時間が増えたことで、料理をする楽しみを覚えたとのこと。

「試行錯誤して、ようやく満足できるポテトサラダが出来上がったときの達成感が半端なかった」(男性)

 レシピ本も、書かれていることが微妙に異なり、一見簡単そうな内容だが、その通りにやっても全然おいしく出来上がらず、レシピ本にも信頼できるものとそうじゃないものがあると感じたと話します。

 自分で作るようになると、外食していても見るところが変わってくる。たとえば、レンコン。横から切るか、縦から切るか。ある飲食店で縦割りのレンコンを炒めているのを見て、横から切るより食感が断然いいと感じ、自分でも取り入れるようになったと男性。

 自分では思いもつかなかった素材同士の組み合わせの料理に出合ったときは「さすがプロ」と感心し、今度やってみようとメモをするそうです。

 料理の経験値が上がるにつれ、最初は「作るもの」を決めてから買い物をし、ひとつでも材料が揃わなければどうしていいかわからなかったのが、スーパーでその日の安いものを買い、その都度献立を組み立てられるようになりました。「安いもの」は「旬のもの」。素材の旬を知り、季節性のある料理を作れるように。

「料理って、そこから広がる世界がすごい。頭を使うので、究極の“脳トレ”です。妻がおいしいと喜んでくれるから、食事のたびにうれしい気持ちが湧いてくる。自分で作ると、油や砂糖、塩の量も調整するようになり、ヘルシー。やや太り気味だったのが、夫婦で標準体重になりました」(男性)

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ