重い物を持ち上げたら、太ももから足の指先までしびれが走った

公開日: 更新日:

 その患者さんは足から臀部と腰にかけての痛みとしびれを訴え、来院した55歳の男性の方でした。

 20代半ばから30代にかけラグビーをされていたためか、当時から首の痛みと、軽いしびれを抱えておられる上に、仕事柄、日常的に重い物を持つ機会が多かったということでした。それが8年前にいつものように重い物を持ち上げたとき、突然両側の太ももから足の指先にかけいつもと違う鈍い痛みとしびれが走ったといいます。

 そのうち歩くだけで足の裏がしびれ出したため、近くの整形外科を受診。脊柱管狭窄症と診断され、圧迫を受けている脊柱管を広げる椎弓切除術を実施したとのこと。徐々に痛みがなくなったものの、左下肢だけにしびれが残ったため、今度はしびれ専門の脳神経外科を受診。そこでは保存的治療のみにとどまり、いまは半年に1回ブロック注射をしながら、鈍い腰痛としびれを抱える毎日ということでした。

 ブロック注射は患部に直接麻酔薬を注入するもので、いろいろな目的がありますが、患部の筋肉をほぐし、血流を改善させ傷んだ神経や筋肉を効果的に回復させることも期待できる自然治癒力をサポートする治療法です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる