著者のコラム一覧
新井平伊順天堂大学医学部名誉教授

1984年、順天堂大学大学院医学研究科修了。東京都精神医学総合研究所精神薬理部門主任研究員、順天堂大学医学部講師、順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学教授を経て、2019年からアルツクリニック東京院長。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と研究を中心とした老年精神医学が専門。日本老年精神医学会前理事長。1999年、当時日本で唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を開設。2019年、世界に先駆けてアミロイドPET検査を含む「健脳ドック」を導入した。著書に「脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法」(文春新書)など。

服装の乱れがないか?患者さんの服装も重要な情報になる

公開日: 更新日:

「人に会うと、特にご高齢の方では、服装をついチェックしてしまう」

 本連載担当者が先日、某地方都市にある公立病院のメンタルクリニックに長年勤務していた看護師さんと話す機会があったときのこと。その看護師さんに、「仕事で身に付いたクセのようなもの、ありますか?」と質問したところ、冒頭のような返答があったそうです。

 そのメンタルクリニックでは認知症の患者さんも多数診ているらしく、アルツハイマー型認知症などを疑って受診された方がいた場合、スタッフらも、その方の服装やお化粧の様子を見て、もし何か気になることがあれば、メモするようにしていた。その習慣が、その職場を離れて間もない現在まだ残っているという、看護師さんの話だったそうです。

 認知症外来では、患者さんの服装は、診断において非常に重要な情報の一つです。例えば……。

・外出にはそぐわない、部屋着のような服装かどうか
・汚れが目立つ服装でないか
・ボタンがきちんと留められているかどうか
・夏なのにやたらと厚着をしていたり、逆に冬で寒い季節なのに妙に薄着だったりなど季節感がずれた服装ではないか

・チグハグな組み合わせの服装になっていないか
・洋服の前後ろが逆になっていないか

・洋服が裏表逆になっていないか

 認知症になると、自分の身なりへの興味や関心が薄れ、服装の乱れが生じることもあります。適切な服装を選ぶことが難しくなり、また季節の感覚もなくなるので気候に合った服装ができづらくなります。

 認知症がある程度進むと、自分でうまく洋服を着られなくなる「着衣失行」があります。これによって洋服の前後ろ逆や裏表逆が起こりやすい。ブラウスをズボンのようにはこうとしたり、ズボンをブラウスのように着ようとしたりといったことが起こるケースもあります。

 意欲の低下が現れると、自分の身なりへの興味・関心が薄れ、髪形やお化粧にも関心がなくなるということ。お化粧をしないで外出したり、といったことも見られます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方