著者のコラム一覧
新井平伊順天堂大学医学部名誉教授

1984年、順天堂大学大学院医学研究科修了。東京都精神医学総合研究所精神薬理部門主任研究員、順天堂大学医学部講師、順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学教授を経て、2019年からアルツクリニック東京院長。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と研究を中心とした老年精神医学が専門。日本老年精神医学会前理事長。1999年、当時日本で唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を開設。2019年、世界に先駆けてアミロイドPET検査を含む「健脳ドック」を導入した。著書に「脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法」(文春新書)など。

熱中症救急搬送は高齢者が半数以上を占める…若年者よりリスク高

公開日: 更新日:

 昨年5月から9月における全国の熱中症救急搬送人員は、総務省の発表を見ると9万1467人。前年の同期間と比べると2万人ちょっと増えており、過去2番目に多い搬送人員だったそうです。

 年代別の救急搬送人員で最も多いのが高齢者。半数以上を占めています。高齢者は熱中症になるリスクが、若年者よりも高いのです。

 それはなぜなのか? 原因として挙げられるのが、まず加齢によって体内の水分量が少なくなっていること。小児の体内の水分量は75%、成人は60%、高齢者は50%といわれています。体の老廃物を出すときにもたくさんの尿を必要とするので、より体内の水分が不足しがちです。

 次に、加齢で皮膚の温度センサーがうまく働かなくなり、暑さに対する感覚が鈍くなっていること。ある報告では、7月から9月の高齢者の部屋は、若い人の部屋より室温が2度ほど高く、相対湿度が5%ほど高いと指摘しています。

「冷えると体に悪い」とクーラーを使いたがらないことも一つの理由だと思いますが、加齢で暑さを感知しにくくなっていることも関係しているでしょう。

 そして、高齢になると、喉の渇きを覚えにくくなり、水分摂取も不十分になりがちです。

 さらに、自律性体温調節も、老化で鈍っています。自律性体温調節とは、皮膚が暑さを感知し、その情報が脳の視床下部に送られると、体温調節中枢が「暑い」と判断し、皮膚血管や汗腺に命令を出して皮膚血流量や発汗量を増やす機能。こうやって、体内に熱がこもらないようにしているのですね。

 しかし、皮膚の温度センサーがきちんと作動せず、自律性体温調節の発動も遅れると、発汗量なども増えませんから、体に熱がこもってしまいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる