著者のコラム一覧
酒向正春ねりま健育会病院院長

愛媛大学医学部卒。日本リハビリテーション医学会・脳神経外科学会・脳卒中学会・認知症学会専門医。1987年に脳卒中治療を専門とする脳神経外科医になる。97~2000年に北欧で脳卒中病態生理学を研究。初台リハビリテーション病院脳卒中診療科長を務めた04年に脳科学リハビリ医へ転向。12年に副院長・回復期リハビリセンター長として世田谷記念病院を新設。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」(第200回)で特集され、「攻めのリハビリ」が注目される。17年から大泉学園複合施設責任者・ねりま健育会病院院長を務める。著書に「患者の心がけ」(光文社新書)などがある。

機能や能力が低下したときは何を「評価」すればいいのか?

公開日: 更新日:

「攻めのリハビリ」を実践して人間力の回復を進めるためには、患者が現在どのような状態なのかを把握する「評価」が欠かせません。

 では、脳卒中や脳外傷などの脳血管疾患、運動器疾患、廃用症候群、そして超高齢者の状態はどのように評価するのでしょうか。詳細にミクロ的に評価するのか、全体的にマクロ的に評価するのか。じつはその両方の視点が必要で、とくにリハビリ専門医はミクロ的にそれぞれの病態を評価する力量が必要です。その上で、今回は本人と家族を含めた治療チーム全体で患者の人間力を回復するために、全員が共有すべき最低限の評価について説明します。

 その評価の項目は、①意識面②運動面③日常生活動作(ADL)面④高次脳機能面⑤言語面⑥嚥下面⑦精神面の7項目です。

 すべての患者に対し、この7項目を評価して把握できれば、患者は現在どのような状態にあり、今後どのくらいまでの回復が目指せるかが明らかになるのです。

 ①意識面は、「患者の意識が清明かどうか」を見ます。「ジャパンコーマスケール(JCS)」という指標を用いて、0、1、2、3、10、20、30、100、200、300の10段階で評価します。意識清明は0で、開眼していれば1桁です。閉眼していても、刺激によって開眼できれば2桁になります。刺激で開眼できなければ3桁で、どんな刺激にも反応がないと300の評価になります。リハビリでは、もちろんすべての患者で意識レベルを向上して能力の回復を目指します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで