著者のコラム一覧
新井平伊順天堂大学医学部名誉教授

1984年、順天堂大学大学院医学研究科修了。東京都精神医学総合研究所精神薬理部門主任研究員、順天堂大学医学部講師、順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学教授を経て、2019年からアルツクリニック東京院長。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と研究を中心とした老年精神医学が専門。日本老年精神医学会前理事長。1999年、当時日本で唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を開設。2019年、世界に先駆けてアミロイドPET検査を含む「健脳ドック」を導入した。著書に「脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法」(文春新書)など。

「歩行が認知機能維持にいい」と聞いてすぐ実行する人の共通点

公開日: 更新日:

 卵が先か、ニワトリが先か。何度か申し上げていることですが、たとえば「よく歩く人は、認知機能が低下しにくい」という調査結果があったとして、「よく歩けば、認知機能を維持できる」とまでは言えません。

 確かに「歩行」は健康維持につながり、脳への刺激になり、認知機能へポジティブな作用を与えるでしょう。

 でも、考えてみてください。普段から運動も何もしていない人は、「よく歩けば、いいことがある」と耳にしても、「面倒だ」「忙しい」「今日は暑いから明日から」といった気持ちが先に立ち、実行へ移そうとしないのではないでしょうか。

 逆に、日ごろからよく歩こうと意識している人は、それ以外の“体にいいこと”への関心が高め。忙しくて歩く時間を持てなければ、食事面で調整するかもしれませんし、30分早起きして早朝ウオーキングをしよう、となるかもしれません。「〇〇〇がいいよ」といった情報へアンテナを敏感に張り巡らしていて、情報をキャッチしたら行動へ移すスピードも速い。好奇心旺盛でアクティブだから認知機能が保てるとも言える。冒頭の「卵が先か、ニワトリが先か」は、そういう意味で挙げました。

 ただ、人は何歳になっても変化できるもの。

 今年56歳の男性はもともとは人見知りで、インドア派。できることなら自宅でぼーっとしているのが好き。1人で本を読んだり映画を見たりすることも好きで、子供の時から50歳になるまで、自ら運動しようなんて思ったことはなかったそうです。

 奥さんも似たようなタイプでしたが、医療関係の仕事に就いていることもあり、「太らないためには、体を動かさなければならない」という気持ちが男性よりは少しあった。これまで何度も「今なら体験無料/体験した日の手続きで入会金無料」という言葉につられ奥さんがまずスポーツジムに申し込み、奥さんにせっつかれて男性が申し込む。最初は頑張って通うものの、夫婦ともに1カ月くらいで通う回数が激減し、そのうち幽霊会員となり、半年くらい経った時点で2人一緒に退会する──というパターンを繰り返してきました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで