「住職公募」で話題 日本最大の禅寺「妙心寺派」の狙い

公開日:  更新日:

 60歳で定年を迎えた企業戦士たちは、第二の人生をどう送るべきか。選択はいくつかある。年金に頼って、旅行や盆栽作りなどの趣味に走る。孫に囲まれながらのんびりとした生活…。あるいは安い給与に不満はあるものの、新たな就職先を見つけて働くというケースがあるが、「それなら、貴重な人生経験を生かして、住職になってみませんか」という住職公募のニュースが話題を呼んでいる。

 宗門外の住職公募に踏み切ったのは、「禅」で知られる臨済宗妙心寺派(寺院数3361カ寺、信者数34万9210人=文化庁発行「宗教年鑑平成24年版」)だ。
 京都市右京区に大本山を構える「妙心寺派」は、800年の歴史を有する伝統仏教のひとつ。3年ほど前に、「明日の宗門を考える会」を結成した。

 有識僧侶10人が集まり、2年間に及ぶ思案の末、「宗門活性化推進局」を新設。宗教家になりたいと希望する人を、宗門外から広く求める公募をスタートさせたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る