「住職公募」で話題 日本最大の禅寺「妙心寺派」の狙い

公開日:  更新日:

 60歳で定年を迎えた企業戦士たちは、第二の人生をどう送るべきか。選択はいくつかある。年金に頼って、旅行や盆栽作りなどの趣味に走る。孫に囲まれながらのんびりとした生活…。あるいは安い給与に不満はあるものの、新たな就職先を見つけて働くというケースがあるが、「それなら、貴重な人生経験を生かして、住職になってみませんか」という住職公募のニュースが話題を呼んでいる。

 宗門外の住職公募に踏み切ったのは、「禅」で知られる臨済宗妙心寺派(寺院数3361カ寺、信者数34万9210人=文化庁発行「宗教年鑑平成24年版」)だ。
 京都市右京区に大本山を構える「妙心寺派」は、800年の歴史を有する伝統仏教のひとつ。3年ほど前に、「明日の宗門を考える会」を結成した。

 有識僧侶10人が集まり、2年間に及ぶ思案の末、「宗門活性化推進局」を新設。宗教家になりたいと希望する人を、宗門外から広く求める公募をスタートさせたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る