話題の「フード右翼」vs.「フード左翼」は夫婦仲も引き裂く

公開日: 更新日:

 理恵子さん(43)は、5歳下の夫と結婚して7年になる。共働きで、平日は食事をともにすることがほとんどなかった。休日は理恵子さんが夫の好みに合わせて作ったり、外食したり。

 ところが、2年前に父が心筋梗塞で急逝したことをキッカケに、平日でもなるべく時間を見つけて料理を作るように。外食するときはメールで連絡を取り合って、2人で食事。妻として夫の体を気遣ってのことだった。

「父は細身で健康だと思っていたのですが、母によると、血圧や血糖値は高かったみたい。夫にはそうなってほしくないから、家でも外食でも一汁三菜を取るように心掛けたのです。夫のためだったのですが、もうやめました。自宅で一緒に食事した後、『ちょっと散歩』と出かけたら、コンビニでフライドチキンを買って帰ってきたりするし、買い置きした焼きそばを食べることもあるからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る