結審まで2カ月半、解決率84% 労働審判のイロハと現実

公開日:  更新日:

 サービス残業や不当解雇など、ブラック企業をめぐるトラブルが増えている。たとえば、神奈川労働局管内で「是正」の指導を受けて支払われた12年のサービス残業代は約9億3000万円と、対前年度比5億8000万円アップ。指摘を逃れた未払いの残業代もあるだろうから、全国規模ではベラボーだ。

 労基署も頼りにならないし、裁判で争っている余裕もない。そんなときの“駆け込み寺”が労働審判だ。ブラック企業アナリストの新田龍氏に聞いた。

「労働審判は、労使のいずれかが地裁に申し立てをして、労使間トラブルの解決を図る制度です。労働問題の専門家である『労働審判員』が労働者側と使用者側に1人ずつついて、それぞれの言い分を聞き、労働審判官(裁判官)が審判を下します。通常の裁判は結審まで1年以上かかるケースもありますが、労働審判は原則3回以内で結審するため、平均2カ月半で結果が出る。しかも、解決率が約84%と高い。短期間で結論が出るのが大きな魅力です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る