手巻きしめ鯖(教える人:小泉功二さん「虎白」)

公開日:  更新日:

 鯖は「さばの生き腐れ」と言われるほど傷みやすく、生臭さを嫌う人も多いが、たっぷりと脂ののった秋鯖は、酢でしめるとそのうま味がますます生きる。
 しめ鯖は通常、塩→酢の順でしめるが、小泉流は砂糖→塩→酢の3段しめスタイル。「あらかじめ砂糖でしめておくと、必要以上に塩が身に入らず、しっとりした仕上がりになるんです」とのこと。そのままわさび醤油でもおいしいが、薬味と一緒に手巻きにする食べ方も新鮮。

■材料(4人分)
鯖(三枚おろし)1尾(800~900グラム)/上白糖70グラム/塩70グラム/米酢500ミリリットル/ねぎ(白い部分)10センチ/きゅうり2分の1本/みょうが2個/焼きのり2枚/わさび適量/しょうが(すりおろし)適量/いりごま適量/醤油適量

■作り方
1.鯖の身、皮の両側に砂糖をすりつけるようにふり、20分ほど置く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る