麻婆春雨(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

公開日:  更新日:

 春雨とひき肉を煮込んだ「麻婆春雨」は、今や中華料理の定番だが、本場中国にはそんな名前の料理はない。本来は、「■(マー)蟻上樹(マーイーシャンシュー)」という四川地方の郷土料理で、春雨とひき肉の組んずほぐれつなさまが、あたかも蟻が木に群がっているように見えたからというのが由来というから、なんともシュール。

 とまれ、ひき肉のうま味がたっぷりしみ込んだピリ辛味の春雨煮込みは、白いごはんがススムくん。今回はニラでスタミナを、水菜で彩りとシャキシャキ感をプラスしたボリューミー&ヘルシーな一品に仕上げてみた。

 ポイントは「豆板醤を最初に炒めて香りと辛味を出すこと」と吉田さん。

 最後にみじん切りの長ネギを加えることで、唐辛子系とはベクトルの違う香りと辛味を重ねて深みを出すのが、おいしさの秘訣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る