麻婆春雨(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

公開日: 更新日:

 春雨とひき肉を煮込んだ「麻婆春雨」は、今や中華料理の定番だが、本場中国にはそんな名前の料理はない。本来は、「■(マー)蟻上樹(マーイーシャンシュー)」という四川地方の郷土料理で、春雨とひき肉の組んずほぐれつなさまが、あたかも蟻が木に群がっているように見えたからというのが由来というから、なんともシュール。

 とまれ、ひき肉のうま味がたっぷりしみ込んだピリ辛味の春雨煮込みは、白いごはんがススムくん。今回はニラでスタミナを、水菜で彩りとシャキシャキ感をプラスしたボリューミー&ヘルシーな一品に仕上げてみた。

 ポイントは「豆板醤を最初に炒めて香りと辛味を出すこと」と吉田さん。

 最後にみじん切りの長ネギを加えることで、唐辛子系とはベクトルの違う香りと辛味を重ねて深みを出すのが、おいしさの秘訣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る