• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

麻婆春雨(教える人:吉田勝彦さん「ジーテン」)

 春雨とひき肉を煮込んだ「麻婆春雨」は、今や中華料理の定番だが、本場中国にはそんな名前の料理はない。本来は、「■(マー)蟻上樹(マーイーシャンシュー)」という四川地方の郷土料理で、春雨とひき肉の組んずほぐれつなさまが、あたかも蟻が木に群がっているように見えたからというのが由来というから、なんともシュール。

 とまれ、ひき肉のうま味がたっぷりしみ込んだピリ辛味の春雨煮込みは、白いごはんがススムくん。今回はニラでスタミナを、水菜で彩りとシャキシャキ感をプラスしたボリューミー&ヘルシーな一品に仕上げてみた。

 ポイントは「豆板醤を最初に炒めて香りと辛味を出すこと」と吉田さん。

 最後にみじん切りの長ネギを加えることで、唐辛子系とはベクトルの違う香りと辛味を重ねて深みを出すのが、おいしさの秘訣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る