キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

アカデミー賞のパーティーで世界のセレブを魅了した宮崎牛

公開日:

 今年の3月4日にロサンゼルスのハリウッドで第90回アカデミー賞の授賞式が行われました。その後に開かれるパーティーのメニューに採用されたのが宮崎牛でした。ついにハリウッドデビューを果たし、世界中のセレブリティーが舌鼓を打ったわけです。

 “アカデミー賞の公式シェフ”と呼ばれるウルフギャング・パック氏からも、「やっと最高の牛肉に出合えた。オスカー像を贈りたい」という賛辞を贈られて話題になりました。

 宮崎牛は大相撲の優勝力士にも贈呈されています。その量はなんと1頭分。宮崎の旬の野菜と果物の1トンと合わせて贈られています。その実力は以前から知られていて、昨年開かれた「第11回全国和牛能力共進会」では肉牛の最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞しています。

 これは“和牛のオリンピック”といわれる由緒ある大会で、5年に1度、全国の優秀な和牛を一堂に集めて優劣を競うもの。宮崎牛の最高賞受賞は3大会連続で、もちろん史上初の快挙です。素晴らしいバックボーンを持つブランド牛ということですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る