キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

アカデミー賞のパーティーで世界のセレブを魅了した宮崎牛

公開日:

 今年の3月4日にロサンゼルスのハリウッドで第90回アカデミー賞の授賞式が行われました。その後に開かれるパーティーのメニューに採用されたのが宮崎牛でした。ついにハリウッドデビューを果たし、世界中のセレブリティーが舌鼓を打ったわけです。

 “アカデミー賞の公式シェフ”と呼ばれるウルフギャング・パック氏からも、「やっと最高の牛肉に出合えた。オスカー像を贈りたい」という賛辞を贈られて話題になりました。

 宮崎牛は大相撲の優勝力士にも贈呈されています。その量はなんと1頭分。宮崎の旬の野菜と果物の1トンと合わせて贈られています。その実力は以前から知られていて、昨年開かれた「第11回全国和牛能力共進会」では肉牛の最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞しています。

 これは“和牛のオリンピック”といわれる由緒ある大会で、5年に1度、全国の優秀な和牛を一堂に集めて優劣を競うもの。宮崎牛の最高賞受賞は3大会連続で、もちろん史上初の快挙です。素晴らしいバックボーンを持つブランド牛ということですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る