キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

サシの入った大判の薄切肉は「しゃぶしゃぶ焼き」で

公開日: 更新日:

 部位が多様化している中で、肉の厚さも考えると、焼き方も当然、変化させないといけません。厚い塊肉はしっかりと肉汁を閉じ込めたいので、表面と裏面を焼くだけではダメです。刻みネギがのっている薄焼きタンはどうすればいいのでしょうか? 薄い肉は火の入りが早く引き上げるタイミングが難しい――。部位や厚み、霜降り具合によって焼き方の課題は違います。それをクリアするために、変化をつけた焼き方の極意で焼いていきましょう。

 今回はしっかりとサシが入った大判の薄切り肉です。部位としてはリブロースや三角バラになるので、高価でおいしいところになりますが、うまく焼けないことも多いですよね。熱々の網や鉄板の上に置くと、すぐに焼けてしまいます。店のスタッフから「この肉は両面5秒焼きで」と言われたりしますが、肉が網や鉄板に引っ付いてちぎれたり、焦がしたりした経験はないでしょうか? 大判の肉は大きいままで口の中に放り込みたいものですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る