小学生娘の化粧をやめさせたい 聞く耳を持たせる方法は

公開日:

■Q 小学生の娘が学校に行く時、こっそりお化粧をしていました。注意したところ、「クラスの友達はみんなやってる。先生も注意しないよ」と。でもこれ、教育的に問題ないものでしょうか。 (40代・女性)

■A 子供の肌は大人に比べて敏感。かぶれや金属アレルギーなど健康への影響が懸念されます。

 ただ、思春期前期(8~12歳ごろ)の子が化粧に興味を持つのは、成長の証しという面もあります。

 今はメディアの影響もあり、子供がメークに憧れるのを、親が頭ごなしに全否定してしまうのはNGです。

 地域や学校、集団ごとに「相場」というものがあります。特に女の子は、周りにある程度合わせることが必要な場合もあります。

 周りと違っていても平気なのは、よほど強い子だけ。それなのに「ウチはウチ!」と親が押し付けてしまうと、親に何も言わなくなり、親子関係も悪くなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る