• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小学生娘の化粧をやめさせたい 聞く耳を持たせる方法は

■Q 小学生の娘が学校に行く時、こっそりお化粧をしていました。注意したところ、「クラスの友達はみんなやってる。先生も注意しないよ」と。でもこれ、教育的に問題ないものでしょうか。 (40代・女性)

■A 子供の肌は大人に比べて敏感。かぶれや金属アレルギーなど健康への影響が懸念されます。

 ただ、思春期前期(8~12歳ごろ)の子が化粧に興味を持つのは、成長の証しという面もあります。

 今はメディアの影響もあり、子供がメークに憧れるのを、親が頭ごなしに全否定してしまうのはNGです。

 地域や学校、集団ごとに「相場」というものがあります。特に女の子は、周りにある程度合わせることが必要な場合もあります。

 周りと違っていても平気なのは、よほど強い子だけ。それなのに「ウチはウチ!」と親が押し付けてしまうと、親に何も言わなくなり、親子関係も悪くなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る