キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

厚切りハラミとサガリに最適の「六面体焼き」テクニック

公開日:

 部位が細分化し、食べ方が多様化してきた中、厚切りで食べるメニューも増えてきました。代表的なのは厚切りタン、赤身の塊肉、厚切りハラミ、そしてサガリなどです。このうち表と裏の両面を焼けばOKなのはタンだけです。厚切り肉をおいしく仕上げるには、それなりのコツがあるのです。

 分厚い肉の場合、まずは表と裏の2つの面でなく、六面体と捉えます。キューブ状であれば、それぞれの面の焼き時間を均等にすればいいのですが、多くの場合、4つの側面は厚さが異なります。そのため、6つの面全部の焼き具合を考えて焼く必要があるのです。

 すべての面を焼くメリットは、肉汁を内包するので、厚切り肉と肉汁を一緒に味わうことが出来るということです。ただしタンの場合は側面に繊維が入っていることが多く、火が入って縮むと食感が悪くなるので、表と裏をしっかり焼くようにしましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る