学長は出口治明氏 立命館アジア太平洋大学はまるで外国

公開日: 更新日:

 世界で勝負したい学生にとっては理想的な場所だろう。

 今年1月に公募で学長に就任したのは、還暦でライフネット生命を創業した出口治明氏。博学で知られる著名な実業家も、この環境に魅せられたらしい。

「出口さんは教養に関する著作も多い方です。これからは独自色を発揮して、教育水準をさらに上げていくと期待されています」(石渡嶺司氏)

 地方のハンディで偏差値は55程度と高くはないが、就職先は引く手あまた。かなりお得な大学だ。

※データ…世界152の大学・研究機関と交換留学プログラムを実施。国内学生の就職決定率は98・2%。伊藤忠や丸紅などの商社のほか、三井住友銀行、日立製作所、日本貿易振興機構(ジェトロ)など多岐にわたる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る