横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【スバル XV Advance】独自の乗り味が楽しいハイブリッド

公開日: 更新日:

 すっかり定着したハイブリッド車だが、低燃費と走りの両立は、やはり難関。最近は燃費性能より、走りを優先したシステムも出てきている。

 この19日にスバルXVシリーズに加わった新グレードの「Advance」。そこに積まれた、「e―BOXER」と呼ばれるハイブリッドシステムもそうだ。

 もともとスバルは、低重心でバランスのいい水平対向エンジンと、半世紀近い歴史で磨き上げられた4WDを組み合わせた、速度や路面を選ばない走りの良さが売り物。エンジン車でも、クルマ好きをうならせてきた。

■モーターは脇役

 ハイブリッドのAdvanceでも、その長所を損なわないよう、モーターは必ずしも主役ではない。発進や低速域は、モーターだけで効率よく走り、中速ではモーターがエンジンをサポートして力強い、高速では、エンジンだけで走りながらバッテリーに充電する。そんな、比較的シンプルなシステムだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る