65歳目前の日刊ゲンダイ記者 ハローワークで実際に職探し

公開日:

 新宿、飯田橋、上野など、都内には17カ所のハローワークがある。そこには、働く人を求める企業からの求人がズラリと並ぶ。パソコンでの求人検索は、若者もシニアも、在職者も失業者もだれでもタダでできる。だが、問題は、「65歳の求人」があるかだ――。

「ハローワーク飯田橋」は、地下鉄東西線・飯田橋駅から徒歩5分。仕事を探している人は、まず、2階の受付へ。白髪頭の記者が、「自分の年齢でどんな求人があるのか調べたい」と告げると、担当女性が「登録しますか?」と聞いてきた。

「パソコンで仕事を探すだけなら登録ナシでできますけど」と言う。登録すれば就職相談ができるらしい。今回は前者を選び、パソコンの位置が数字で示されたファイルを受け取り、席へ向かう。

 図書館のような配列の席は50番まである。ほぼ目線の高さに仕切りがあり、3分の1ほどが埋まっていた。白髪頭はほぼゼロ。大半が画面のタッチパネルを操作しながら、黙々と職探しをしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る