衣カリカリ肉しっとり 会津若松「ソースカツ丼」のうまさ

公開日:

 サラリーマンの昼飯でおなじみのカツ丼といえば、甘じょっぱい割り下で煮込んだトンカツを卵とじにしてご飯の上にのせたものをイメージするだろう。たっぷりと汁を吸った衣がメインの豚肉と絡み合い、極上のハーモニーを奏でる。卵や玉ねぎといった脇役も重要なアクセントだ。ご飯と一緒にかき込めば、幸せな時間を過ごせる。

 そんな日本を代表する丼料理の原型がソースカツ丼だ。諸説はあるが、卵とじにする前は、ソースをかけてご飯の上にのせていたという。そのため、今でもカツ丼といえばソースカツ丼のことを指す地域は少なくない。

 福島県の会津若松市もそのひとつ。子供のころから食べ親しんだソウルフードになるそうだ。

「終戦後にトンカツを甘いタレで煮て食べるようになったのが始まりです。その後、ウスターソースを混ぜて食べやすくする工夫がなされて広まっていったようです」と言うのは、会津若松駅前にある「会津迎賓館 寿し万」の鈴木平助さん。店名から分かるように寿司がメインの店で創業60年の老舗だが、「田舎では、いろんなものを食べられる店じゃないとやっていけませんから」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る