鈴木美穂さん<7>東日本大震災で被災地取材に迷いが生じて

公開日: 更新日:

 東日本大震災が発生した時に社会部の遊軍だった鈴木さんは、系列局の宮城テレビに応援で入ることが多かった。

「1~2週間現地で取材して東京に戻り、また出掛けるということの繰り返し。震災が発生すると、一気に何万人という方が亡くなります。私はがんのことばかり考えていましたが、それだけが痛みではないし、大切な人を失うことのつらさを思うと、何もできない無力感でいっぱいになりました。伝えることの意味についても悩むようになったんです。避難所でお話をうかがうたびに、私に求められているのは伝えることなのか、それよりもボランティアで来た方が役に立つんじゃないか。そんなことを考えるようになり、自分の立場に迷いが生じていたんです」

 被災者にカメラを向けず、ただ話を聞くだけの日もあった。仕事としては撮影した方がいいと思っても、それができなかったこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る