曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

念仏寺・茶房Citta(有馬)お寺で味わう限定ドライカレー

公開日: 更新日:

 お寺でカレーが流行していると聞くと、何だか変な気がしてくるが、実は共にインド発祥なら何らおかしくはない。有馬温泉にある「念仏寺」では、一日10食を限定にドライカレー(1000円)を提供しており、このカレーを目当てに同寺を訪れる人がいるほど評判を呼んでいる。

 念仏寺は浄土宗の寺院で、豊臣秀吉の正妻・ねねの別荘があった所に建つ。徳川の世になった時にねねの別荘をつぶして別の場所にあった念仏寺を移したのが始まりだそう。庭にある雀石と蛤石はその時に作庭したもので、「雀海中に入りて蛤をなす」とし、あり得ないことのたとえを表している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る