SNSで大論争 あぶらとり紙「今は使わなくなった」は本当か

公開日: 更新日:

「あぶらとり紙」が先週15日、ツイッターのトレンドワードに突如ランクイン。きっかけは「女性専用車両」をめぐるネットニュースだった。

〈女性専用車両は臭くて汚い?利用者が明かす実態「あぶらとり紙が散乱している」〉

 Jタウンネットに13日に掲載された記事もそのひとつで、テレビ局も追随。同日に「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)、15日に「グッとラック!」「Nスタ」(TBS系)と、情報番組が立て続けに女性専用車両に乗りたくない女性について取り上げた。

 ところが、女性専用車両は香水の匂いがきついといった紹介の仕方に、SNS上は〈女性蔑視〉などと大炎上。とりわけ「あぶらとり紙」については〈(車内に)散乱しているのなんて見たことがない〉〈そもそも今は使わない・見かけない〉〈下地が優秀だから必要ない〉なんて反対意見が相次ぎ、ニュースそのものがフェイクでは、という説まで浮上しているから、穏やかじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る