SNSで大論争 あぶらとり紙「今は使わなくなった」は本当か

公開日: 更新日:

「あぶらとり紙」が先週15日、ツイッターのトレンドワードに突如ランクイン。きっかけは「女性専用車両」をめぐるネットニュースだった。

〈女性専用車両は臭くて汚い?利用者が明かす実態「あぶらとり紙が散乱している」〉

 Jタウンネットに13日に掲載された記事もそのひとつで、テレビ局も追随。同日に「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)、15日に「グッとラック!」「Nスタ」(TBS系)と、情報番組が立て続けに女性専用車両に乗りたくない女性について取り上げた。

 ところが、女性専用車両は香水の匂いがきついといった紹介の仕方に、SNS上は〈女性蔑視〉などと大炎上。とりわけ「あぶらとり紙」については〈(車内に)散乱しているのなんて見たことがない〉〈そもそも今は使わない・見かけない〉〈下地が優秀だから必要ない〉なんて反対意見が相次ぎ、ニュースそのものがフェイクでは、という説まで浮上しているから、穏やかじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  4. 4

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る