はたあきひろ
著者のコラム一覧
はたあきひろ園芸研究家(NHKテレビ講師)

兵庫県西宮市出身。6年前、大手住宅メーカー研究員を卒業し園芸研究家になる。著書に「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」ほか。妻と子ども3人で自給生活中。52歳。

ハーブ苗の1番人気 イタリアンに欠かせないバジルに挑戦!

公開日: 更新日:

 ハーブ苗というと、1番人気はバジルでしょうか。イタリアンがすっかり日本で定着しましたからね。10年ほど前までは、ガーデニング講習会でバジルを寄せ植えなどに使うと、「これは何ですか」とよく聞かれたものですが、今ではどこのスーパーの野菜売り場へ行っても一年中見かける野菜になりました。

 ただこのバジル、買うと結構高い! 収穫が手作業で、手間がかかるためとも聞いたことがあります。だったら、自分で栽培してみましょう。育てる最大のポイントは、花芽を付けないこと! バジルは苗を購入した時点で、既に花芽があることがあります。これが付き始めると香りの質が低下するので、見つけ次第取り除くようにします。

 私の経験上、6月に植え付けた苗は花芽が付きにくいです。発芽温度が高めの野菜なので、最低気温が20度以上になったら、種から育てるのもたやすいです。植え付け量の目安ですが、ピザやサラダのトッピングとして散らす程度なら5~6号鉢に1苗で十分です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  8. 8

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    「いっちょうけんめいやります」誕生秘話…二つ目昇進時に

もっと見る